志賀高原のグリーンシーズン

「森と湖沼の高原、志賀高原」 亜高山針葉樹の原生林の森と湖沼を巡る、志賀高原を代表するトレッキングコースです。眺望のすばらしい前山山頂付近から、前山湿原、浮島のある渋池、湿性植物の可憐な花が咲き乱れる四十八池、エメラルドグリーンに輝く大沼池など見どころたくさんです。

健脚向け分岐コースとして、志賀山・裏志賀山を巡るコースを選択することもできます。時間に余裕のある場合は、大沼池入口から清水新道を通り、信大自然教育園から、自然探勝コースへ足を延ばすことも出来ます。

浮島のある渋池

浮島のある渋池

渋池には浮島があります。浮島や周辺には モウセンゴケがたくさん生えています。周辺には、1800mのこの標高では珍しいハイマツが見られます、氷河期の名残と言われています。

写真、池の向こうの山は横手山。前山山頂の展望と周辺の湿原そして渋池までの散策コースは、サマーリフトを利用したミニ池めぐりコースとしても人気です。


前山山頂と前山湿原(1,810m)

前 山リフトの終点が前山の山頂。前山山頂からは、眼下にい熊の湯硯川地区のホテル群が見えます。また、西南西の方向に特徴のある形を見せる頂の笠ヶ岳 (2,075m/直線約2k)や、東南の方向に志賀高原で二番目に標高の高い横手山(2,305m/山頂直線距離約3k)、目の前(東北東)に山頂に火口 湖のある鉢山(2,041m/直線約1.5k)が望めます。前山山頂から渋池へと続く歩道の両側に前山湿原が広がっています。湿原には湿原特有の植物、モウセンゴケ・ワタスゲをはじめ様々な高山植物が見られます。

前山山頂と前山湿原

志賀山・裏志賀山

志賀山(2035m)・裏志賀山(2040m)コース

四十八池に直接向かうコースと、志賀山・裏志賀山を経由するコースの分岐があります。可能であれば両志賀山を経由するコースもお勧めです。このルートに は、お釜池・鬼の相撲場の池・志賀の小池・黒姫池・元池がを見ることができます。また、 四十八池を箱庭のように望めたり 、大沼池を眼下に見ることのできるビューポイントもあります。


亜高山帯針葉樹林を散策

志賀山と鉢山からの溶岩の出会ったところがやがて沢となり、その沢近くに沿って遊歩道が引かれています。開けた眺望の美しさも池めぐりコースの見所です が、原生林の中を歩いてこそ森林浴、奥深い原生林の太古からの営みに触れることができます。マイナスイオンが降り注ぐ凜とした森を行く、至福の一時を楽し んで下さい。

亜高山帯針葉樹林

四十八池

四十八池(1890m)

森が突然開け高層湿原が目の前に出現します。池塘が段々畑のように点在し、その間を木道が設けられていて、のたくさんの湿原植物を見ることができます。鉢山方面への登り口のある四十八池の南側の分岐点周辺には、ベンチ付きの東屋がありここから湿地帯の中の木道を通って湿地北側の端まで行くと、志賀山登山ルートを越えてくるルートと合流し、大沼池方面へと向かうルートに入る。


大沼池(標高1730m)

火山のせき止め湖で、 周囲5.5km志賀高原で最も大きな湖。強酸性湖のため魚類は生息しませんが、大沼池に住む大蛇と黒姫の悲恋の物語を持つ神秘的な美しい湖です。 見る位置や角度により多彩な表情を見せてくれます。

大沼池

志賀高原

雄大な自然「志賀高原」

上信越高原国立公園のほぼ中心に位置する志賀高原で、トレッキングや自然探索、温泉など多彩な高原リゾートを楽しめます。

小鳥のさえずり。澄み切った空気。透明感のある水。そしてどんな緑よりも美しい、自然のみどり。広大な上信越高原国立公園のほぼ中心に位置する志賀高原。

ここは、草原や森林、神秘的な池や沼に囲まれた美しい高原。自然を感じながらの自然探勝やハイキングは日常の疲れを癒します。


熊の湯のほたる

熊の湯といえば冬のスキーが有名ですがさらに春の新緑、秋の紅葉も素晴らしいが忘れてはならないのは「夏」  志賀高原のホタルは夏が見頃で自然環境の良さに感激します。

志賀高原の源氏ほたるは平成20年3月に国の天然記念物に指定され、日本一標高が高い場所に生息し、成虫の寿命も長く6月中旬から9月上旬まで鑑賞できます。

熊の湯のほたる